巷で和婚が人気を集めている!上品な立ち振る舞いにゲストもうっとり

新郎新婦

結婚式に必須のムービー

新郎新婦

結婚式で新郎新婦の人となりを参加者に知ってもらうためには、生い立ちムービーがとても役に立ちます。生い立ちムービーは自作でも作成できますし、プロの専門業者にも作ってもらうことができます。なお、プロの業者に生い立ちムービーを頼む場合には、ホームページでサンプルを載せているところを選びましょう。

More...

和の結婚式

神前式

和の結婚式の今後

洋風の結婚式も素敵ですが、日本人として生まれたからには和婚をしたいと考えている方も多いのです。和婚とは、神社や仏閣での神前式や仏前式で行う挙式スタイルを指します。この際、花嫁が着るのが白無垢や色打ち掛け、引き振袖などの日本伝統である和の衣装となります。そして、今後の動向としては和婚に精通したプランナーが増えるでしょう。現在、チャペル結婚式が主流であり、和の結婚式に関して知識があるプランナーはごく少数です。今後、昔ながらのしきたりや慣習を学び、着物などの衣装の知識も習得した和のスペシャリストが登場してくるでしょう。そして、知識が豊富なプランナーは、トータルコーディネートも可能なので、ワンランク上の結婚式が可能となるでしょう。

和装の注意点

和婚の際、気をつけなければいけないのが立ち振る舞いです。普段着る機会の少ない和装は、ドレス以上に立ち振る舞いに気を遣わなければなりません。着こなしの基本は正しい姿勢であり、かつらや衣装はそれなりの重さがあります。この重さに負けて猫背とならないよう、きれいな姿勢を意識しましょう。また、和装に大きな動きは合いません。ゆっくり上品に動くことで、品があるように見えます。深くゆったりした呼吸で優雅に振る舞いましょう。上品な立ち振る舞いにゲストもうっとりするのではないでしょうか。そして、和装での食事は思っている以上に難しいものです。袖などをひっかけない様、細心の注意を払いましょう。また、食べる時は普段よりも一口を小さくすると上品に見えます。品のある和装は、美しい動作によって更に輝くのです。立ち振る舞いに注意し、素敵な和婚を挙げましょう。

格式ある挙式になる

神前式

神社挙式は、夫婦だけでなく家族同士の結びつきが強い格式ある挙式スタイルとなっています。心が洗われる雰囲気には、自然と気が引き締まり結婚への意識を高めて素晴らしい結婚式にすることが出来るとされています。

More...

結婚式につきものです

男女

結婚式の後に行われる二次会は、とても重要なパーティーであるのは言うまでもありません。最近では二次会の幹事代行をしてくれるプロの業者も多くなっていますから、自分達だけで行うのが不安だったら、幹事代行業者に相談するのも良い選択と言えます。

More...